エクシータイムズ
テクノツリー

ハンディで読み取り!バーコード・QRコードからのデータ取得と活用

更新日:2021/06/22

XC記事

ジャンル:Tips
製品:XC-INO

帳票電子化のサブスクリプションサービス「XC-INO」では、
2021年4月のアップデートよりハンディターミナルとの連携に対応しました。

対応機種


これにより、バーコードやQRコードなどの各種コード情報を読み取れるハンディターミナルに、
Excelで自由に画面設計できるXC-INOの強みが加わり、より柔軟な運用が可能になりました。
この記事では、入出荷や仕分けの作業時にも使えるバーコード読み取り画面についてご紹介します。



読み取ったバーコード情報を、自動で区切りデータ登録!
XC-INOでは、入力した文字列を、桁数によって自動で切り分けることが可能です。
例えばこちらのコード読み取り画面では、ハンディターミナルで読み取ったバーコードの値を
自動で画面下側の各項目に割り振り、その場でデータ登録までを完了できます。
また、読み取ったバーコードの桁数チェックを行い、間違った値を読み取った時でもすぐに修正できます。

登録されたデータは下図のような形で、項目ごとに区別してXC-INOのデータベースに保存され、
csv形式でまとめて出力すれば外部システムへデータの受け渡しも可能です。



Excel関数を活用し、様々な照合やチェック作業に対応!
XC-INOではExcelを使い、自由に画面設計できることが特徴の一つですが、
その中でも120種類以上の対応するExcel関数を使うことで、より使いやすい画面を作成できます。
上記バーコード情報取得のように、文字列の振り分けに使えるいくつかの関数をご紹介します。

読み取った文字列から一部を抽出
LEFT/MID/RIGHT関数
選んだセルの左端/特定の位置/右端から指定した文字数分を抽出することができます。
先頭文字列の識別に使えます。


文字数をカウントし、適切かチェック
LEN関数
選んだセルの文字数をカウントします。
IF関数
条件式をつくり、しきい値チェックが可能となる関数です。
LEN関数と組み合わせ、選んだセルの文字数に応じてフラグを分けることができます。



作業指示情報と連動し、予実管理を効率化!
XC-INOではcsvファイルで外部システムの作業指示情報を取り込み可能です。
これにより、作業指示情報とハンディで読み取ったバーコード、QRコードを照合し、
在庫管理や入出荷で発生していた人の照合ミスを削減できます。



いかがでしたか?当社では、XC-INO×ハンディターミナル連携ウェビナーを実施しております。
実際にハンディを使ったデモも行っていますので、興味をお持ちの方はぜひこの機会にご覧ください!

開催予定のウェビナーお申込みは下記リンクからお願いいたします
日付を選択してお申し込みください。


ジャンル:
Tips
製品: XC-INO